夜の絵本屋『七夕と星の絵本』軽食付き読み聞かせ会

  • 2019.06.15 Saturday
  • 12:14
「子どもたちが帰った後、静かになった絵本屋に灯がともる。
そこでは大人たちが集まり、よなよな絵本を読むという...
夜の絵本屋、きんだあらんどへようこそ。」

閉店後の18時半から、大人限定の読みきかせの会を開きます。
第一回目となる今回は、『七夕と星の絵本』。
なつかしの星座表で、今どこに星があるのか、七夕の星がどこかをみながら、
七夕や星の絵本を、一緒に楽しみませんか?

軽食には、CHIERiYAさんのヘルシーでおいしい、
おばんざいorベトナムサンドイッチ(バインミー)をご用意。
夜の時間をゆるりとくつろぎましょう。

☆★ 内容 ★☆
夜の絵本屋『七夕と星の絵本』軽食付き 読み聞かせ会

【参加費:軽食+1ドリンクつき】
A:バインミーセット+1ドリンク 2,000円
B:おばんざいセット+1ドリンク 2,200円
(酵素米+おばんざい8種+メイン)
※軽食+1ドリンク付です。お申し込み時に、AまたはBのセットをお選びください。
【読み手】
きんだあらんどスタッフ 蔭山直子
【日時】
2019年6月29日(土)18時半〜22時半
※受付は18時半から。
【場所】
絵本屋きんだあらんど
お問い合わせ:0757529275

☆★ 申し込み方法 ★☆
件名を『七夕の絵本読み聞かせ会 参加申し込み』とし、
メール(kinderland.event@gmail.com)にお名前とお電話番号、
軽食(AまたはB)をご記入の上、お申し込みください。
お電話(0757529275)でのお申し込みも受け付けております。

JUGEMテーマ:絵本紹介

おんなのことあめ

  • 2019.06.03 Monday
  • 14:20

JUGEMテーマ:絵本紹介

 

こんにちは。きんだあらんどです。

 

網戸から湿気をふくんだ風がはいってきて、店内のモビールがゆらゆらしています。

心地いいお昼時です。

 

世界中の雨からうまれた、美しい絵本が、棚でかわいらしく顔をそろえています。

今日はチェコからきた絵本をご紹介いたします。

 

 

『おんなのことあめ』ほるぷ出版

ミレナ・ルケショバー 文

ヤン・クドゥラーチェク 絵

たけだゆうこ 訳

https://kinderlandweb.shop-pro.jp/?pid=143397416

 

だれかに、あいたいな、と女の子があるいていると、

ぽつん!

あめに出会いました。

あめをおうちに誘う、おんなのこ。でも、おうちにつくと、おいてけぼりです。

 

 

あめは、かなしくなって、

「おじょうちゃんは どこ?」

とさがします。

ちょうちょも、はちも、あめがだいきらい。

 

でもやっと、

レインコートをきた、あめがだいすきな、おんなのこをみつけます。

 

 

悲しい雨、嬉しい雨、優しい雨、美しい雨、

いろんな表情をみせてくれる雨を、

チェコの国民的人気の、ミレナ・ルケショバーが言葉を紡ぎ、

ヤン・クドゥラーチェクが描いた傑作。

ぜひ、手に取ってごらんください。

 

こうやって、絵本の表紙が可愛らしくならんでいると、

とても手にとりやすいですね。

以外と知られていないのですが、絵本屋さんの本棚を、

幼稚園やご家庭にも、お作りしております。

きんだあらんどの店長が設計し、とてもリーズナブルです。

 

 

ご興味のある方は、ぜひご相談ください。

▼棚について、詳細はこちら。

http://kinderland-jp.com/free/tana

 

 

本日も、17時まで通常通りオープンしております。

みなさまのお越しをお待ちしております。

 

きんだあらんど

夏の虫 夏の花

  • 2019.06.02 Sunday
  • 14:02

JUGEMテーマ:絵本紹介

 

こんにちは。きんだあらんどです。

雨がふりだしそうな日曜日です。

 

今日は、朝からいろんなお客様がみえました。なかには、九州からという方もおられ、きんだあらんどの絵本をみて、何かほっとしたと言ってかえって行かれました。

 

昔ながらの名作本を中心に、海外の翻訳本、よくかみくだいて味わう絵本が多く、現代の娯楽にあふれたものが好まれる時代には、特殊な部類の絵本屋かもしれませんが、ぱっと店内を見ただけで、

「あ、ここはうちの本棚に近い」とおっしゃる方がおられます。

 

きんだあらんどには、絵本以外にも、選りすぐりの図鑑、写真集、詩集、迷路などもおいております。ぜひご自身にぴったりの絵本をみつけてみてくださいね。

 

本日は2冊、おすすめの科学絵本をご紹介いたします。

初版が1986年の福音館書店からの科学絵本です。

 

 

『夏の虫 夏の花』

たかはし きよし 絵

奥本 大三郎 文

福音館書店

https://kinderlandweb.shop-pro.jp/?pid=143370915

 

 

細部までていねいに正確に描かれた絵は、写真よりも子どもの心に深く入りやすいといいます。公園や、畑にいる虫が図鑑のようにならべられ、いろんな発見がある絵本です。

1986年から今にまで続いている、大型の美しい一冊。ぜひ手にとってご覧ください。

 

 

これと比較して、わりと最近の2008年に出た絵本があります。

 

『里山百年図鑑』

松岡 達英 作

小学館

https://kinderlandweb.shop-pro.jp/?pid=143370669

 

 

同じように美しく細部が描かれていますが、こちらは「あぜ道にさく花」をスケッチしたり、「どんぐりで遊ぼう」であったり、実際に自然の中で活用できるような内容になっています。

 

本を開けば、本当に里山にいって、何かをみつけたり、食べたりできる感覚になれる、体験絵本になっています。

好奇心旺盛な、子どもたちはもちろん、大人もじっくり楽しめる一冊。ぜひ、きんだあらんどの科学絵本コーナーにて、野山の虫をさがすように、いろいろさがしてみてくださいね。

 

本日も、17時まで、通常通り営業しております。

 

階段を改装したてほやほや。木のいい香りがする、きんだあらんどへ、ぜひおこしくださいませ。

みなさまのお越しをお待ちしております。

トマトさん

  • 2019.05.26 Sunday
  • 16:01

JUGEMテーマ:絵本紹介

 

こんにちは、きんだあらんどです。

 

お店に、フレッシュなトマトが一箱届きました♬ 
こうやってならべると、かなりインパクトがありますね。

本日はこちらの絵本をご紹介いたします。

 

 

『トマトさん』
田中清代 作
福音館書店

 

あるあつい夏の日のことです。木からどった、とおちたトマトさん。

ぎらぎら、てりつける太陽の日。トマトさんはおがわのすずしそうな音に耳をすませます。

他のミニトマトたちは、身軽におがわへぽちゃん、ととびこんでいきます。

 

トマトさんもおよいだら、といわれますが、
「ぷかぷか およぐのなんか、みっともないでしょ」といって、ことわります。

ほんとうは、およぎたいのに、からだが重くて、うごけないのです。

ついに泣き出してしまったトマトさんを、小さい生きものたちがてつだって、

ぽちゃんしてあげるのでした。

そのときの、トマトさんのきもちよさそうな顔といったら...!

 


この感覚的に楽しめる絵本は幼稚園でも、大好きな子が多いそうですよ。

これからやってくる夏、ぜひトマトさんと一緒に爽快な気持ちを味わいたい方、ぜひおすすめです。

そして、この作者の田中清代さんが、この度、京都に来て下さることになりました。
新作『くろいの』偕成社の原画も展示して頂けるとのこと、銅版画の説明や、ウクレレの演奏など、

もりだくさんの内容となっております。

いつもは関東にお住まいの田中さんに、貴重なお話を伺える機会です。

 

 

【講演会の内容】
『くろいの』のこと〜銅版画で絵本をつくる〜
講師:絵本作家の田中清代さん

場所:本福寺(受付もこちらで行います。)きんだあらんど前
日時:2019年6月23日(日)13時〜15時(受付は12時半から)
対象:大人限定
参加費:2,000円
お問い合わせ・お申し込み:きんだあらんど
TEL/ 0757529275
MAIL/ kinderland.event@gmail.com

 

【お申し込み方法】
メールアドレス(kinderland.event@gmail.com)宛に、

件名を『田中清代さん講演会参加希望』とし、お名前、

お電話番号をご記入のうえ、ご応募くださいませ。

 

本日も17時まで、通常オープンしております。
皆様のお越しをお待ちしております。

 

大阪からの幼稚園選書ご一行さま

  • 2019.05.25 Saturday
  • 17:03

こんにちは!きんだあらんどです!

 

本日は年に3度、きんだあらんどの小さな店内が

お客様でいっぱいになる日。

 

 

大阪からバスで幼稚園関連のみなさまが、きんだあらんどにご来店くださり、

幼稚園に置く絵本をたくさん選んで下さいました。

ありがたいことです。みなさん限られた時間で真剣に選んでられました。

 

 

本日は前の本福寺さんにて、花祭りも開催されて、賑やかな1日でした。

 

明日も通常通り17時まで営業しております。
みなさまのお越しをお待ちしております♪

 

JUGEMテーマ:絵本紹介

第3回 大人のための絵本講座 開講『昔話にこめられたメッセージ』

  • 2019.05.21 Tuesday
  • 15:59

【大人むけ絵本講座 第3回『昔話絵本にこめられたメッセージ』】

 

こんにちは!きんだあらんどです。

 

先日、大人のための絵本講座、第3回目を開講いたしました。

今回は、きんだあらんどが絵本選書において重視しているうちのひとつ、『昔話』についてお話しました。

現代の名作絵本は、多くが昔話の構造や魅力をひきついでるものが多いという事から、

一見、昔話とは関係なさそうな絵本(『ラチとらいおん』や『ぼくはあるいたまっすぐまっすぐ』)を

ご紹介しながらお話いたしました。

 

また昔話に、たくさんの子どもたちがひかれます。それはなぜなのか?それは人間の無意識の奥底に、

人類共通の願望や欲求があり、昔話はその深層心理が描かれているからとのことでした。

 

実際、昔話を使いながら、そのページ構造、色使い、言葉遣い、キーワードの中身などを検証していくと、

その裏に描かれた真実がうかびあがってくるようでした。

今回は、講義のあとにグループセッションの時間を設け、参加者さま同士でお話頂きました。

みなさま絵本のプロの方や、絵本が大好きな方の集まりですので、この時間はとくに楽しかった様子。

このあと最後発表の時間ができればよかったですね。

 

 

また今回の講座を通して、あらためて、昔話は、解釈が非常に多岐にわたるということを

実感する回となりました。講義時間がつめつめになってしまい、

アンケートによると、もっと聞きたかった方も多かったようでした。

 

今回開催中の、全6回大人のための連続絵本講座では、きんだあらんどの考える、『絵本』について、

みなさんとシェアしていっているわけなのですが、

時間も限られたものですので、これはほんのさわりにすぎないとも考えております。

 

これをきっかけに、みなさんの学びを深めていただくのもいいですし、

第二期の絵本講座をもういちど受けて頂くもよし。

さらに学びたい方のために、『昔話』のように、一講座では語り尽くせないテーマのみを、

連続講座で開講することも検討中です。

ぜひお楽しみに。

 

そして、第二期の大人のための6回連続絵本講座の開講日が、決定いたしました。

現在行っているものと同じ内容(アンケートをもとに変更・追加箇所もあり。)ですが、少し時間が異なっております。

今回受講中のみなさまで、もういちど分からなかった部分を聞き直したい!という方の受講ももちろんOK。ぜひ、みなさまのご応募をお待ちしております。

 

【第二期 大人のための6回連続絵本講座】

13時〜15時 19時〜21時 水曜日

第1回:9月18日『絵本とはなにか?』

第2回:10月23日『絵本における母性の役割・父性の役割。発達課題に沿った年齢別絵本』

第3回:11月20日『昔話絵本にこめられたメッセージ』

第4回:12月18日『絵本の読み語り実践』

第5回:1月15日『いのちの絵本について』

第6回:2月19日『まとめ・きんだあらんどの絵本選書』

※お昼の部の時間が多少変動があるかもしれません。

 

ご応募方法:

絵本屋きんだあらんどの以下のメールアドレスに

件名を『大人のための連続絵本講座 受講希望』とし、

お名前と、お電話番号をご記入のうえ、ご応募くださいませ。

お電話でのお申し込みも承っております。

 

kinderland.event@gmail.com

0757529275

 

 

JUGEMテーマ:絵本紹介

チトのぼうし

  • 2019.05.14 Tuesday
  • 11:59

JUGEMテーマ:絵本紹介

 

絵本屋きんだあらんどです。

 

気がつけば、初夏の日差しですね。

お店の入り口は扉を開け放して、網戸にしました。

今日も暑くなりそうです。

みなさま、日除けの準備はしていますか?

 

今月のおすすめ本 より

「チトのぼうし」

メルコールGフェラー 文

ジャン・シャロー 絵

童話館出版 2011年

を、紹介いたします。

 

 

▼詳細はこちら

https://kinderlandweb.shop-pro.jp/?pid=142837576

 

メキシコという国の 山また山の向こうに住むチトという名前の おとこの子の お話です。

 

ある日、強い風に帽子を飛ばされてしまった チト。次の日曜日に父さんと市場へ新しい帽子を買いに行くことになりました。

 

市場へ着いて帽子を探すチトですが、ちょうどいい帽子がなかなか見つかりません。

 

父さんと はぐれながらも、やっと見つけた チトが思い描いていた帽子。

かぶってみたら ほんの少し小さいのでした。

 

どうしてもあきらめきれないチトを、父さんが人混みから見つけて連れて行った場所…

 

それは なんと!床屋さん!

 

髪の毛を切ってサッパリした チトの頭には なんと!さっきの帽子がぴったり!

チトは欲しかった帽子をかぶって帰ることが出来ました。

 

 

父さんの機転に あっぱれ‼︎ と 拍手がしたくなる

父さんの愛情が感じられる 絵本でした。

子どもはこうやって 問題を冷静に解決する方法を学んだり、自己肯定感を養っていくのですね。

 

初夏の日差しを避けて 快適にお過ごしください。

本日も17時00分まで、お待ちしております。

 

絵本屋 きんだあらんど

http://kinderland-jp.com/

もじもじこぶくん

  • 2019.05.11 Saturday
  • 11:42

JUGEMテーマ:絵本紹介

こんにちは!絵本屋きんだあらんどです。

本日は、あたらしくはいってきた絵本をご紹介いたします。

 

「もじもじこぶくん」

福音館書店

小野寺悦子 ぶん

きくちちき え

▼詳細はこちら

https://kinderlandweb.shop-pro.jp/?pid=142793457

こぶたのこぶくんは、とってもはずかしがりや。今日はアイスクリームをかいにいくのですが...。

はずかしくなって、もじもじ。なかなか声をだして、注文できません。

そしてあとからやってきた、どうぶつたちが、先に先に、買っていってしまいます。こぶくんは、勇気を出してアイスクリームを買えるのでしょうか?

そこへやってきたのは、とってもちいさな、ありの、ありいちゃんでした。

この絵本「もじもじこぶくん」ですが、前回の絵本講座の「絵本における母性の役割・父性の役割。発達課題に沿った年齢別絵本」の回に、

参加者の方が出された絵本でした。(絵本講座では、毎回テーマに沿った絵本を、参加者のみなさんに考えて持って来てもらい、最後の30分でその議題について話し合います。)

 

この絵本ですこし話題になったのは、以前違う絵本を子どもに見せたときに、「へたな絵」と言った本があったとのこと。このヘタウマの世界観を、どこまで子どもたちは分かるのか?という話になりました。

絵が美しすぎるのも、年齢によっては分かる分からないなどがあるかもしれません。

それでも、重要なのは、その絵がそのお話にぴったりかどうか?このこぶくんの表情を見れば、こどもたちはきっと感情移入してくれることでしょう。

 

日本人は、こぶくんのように、はずかしがりやで引っ込み思案の方も多いのではないでしょうか? ぜひ、大人の方もこの絵本を手にとって読んでみてくださいね。

 

年齢の垣根をこえて、多くの方に読まれ、それぞれ感じるものも違う...。

絵本は、やっぱりいいですね〜。

次回の絵本講座は、5月15日「昔話絵本にこめられたメッセージ」となっております。

 

葵祭の日で、おそらく混雑しますので、絵本講座参加者のみなさま、ぜひお気をつけておこしください。

尚、13時半からの講座はすでに満席となっておりますが、18時半からの講座はまだお席がございます。また同じ内容を9月から、6回講座で開講予定ですので、こちらは近日、日程を公開したいと思います。

 

本日は、通常通り17時までオープンしております。

風がそよそよと気持ちがいいです。みなさま、よい一日を...。

 

絵本屋きんだあらんど

http://kinderland-jp.com/

あめの絵本ー季節の絵本トークー

  • 2019.05.08 Wednesday
  • 14:02

JUGEMテーマ:絵本紹介

こんにちは!きんだあらんどです。

みなさまゴールデンウィークはいかがお過しだったでしょうか?

新緑が目に清々しい季節となりました。

 

きんだあらんどから見える東山もあおあおとして、

ピクニックに山登りと、岡崎・東山かいわいをめぐるのにぴったりです。


そんな気持ちのいいお天気ですが、きんだあらんどでは、

はやくも雨の本を揃えだしました。

今週末の日曜日、きんだあらんどでは、

『雨の絵本』をテーマに季節の絵本トークを開催する予定です。

雨にはいろんな魅力的なキーワードがありますね。雨粒・しずく・かさ・にじ・・・など。
子どもたちが(あるいは、大人が)ドキドキする要素がたくさんつまっている雨の本。それはなぜでしょうか?

 

また単純に『雨』を描いているように見える絵本にも、「絵本にこめられた願い」がその一冊を通して展開されます。
雨にまつわる絵本を実際に何冊か、ご紹介しながら、

そこで何が表現されているのか、具体的に解説していきます。

世界中に降る雨は、場所によって雨の重要性や感じ方も変わってきます。

雨を詩的に表現した日本の文学が数多いのは、

空からふってくる雨が身近でありつつも、何かの神秘性を感じるからでもあります。

 

みなさんも雨と一緒に結びついて、何かの感情が、

記憶・思い出とともに呼び起こされることも多いのではないでしょうか?

今回のトークでは、前半に店長の雨にまつわる絵本の紹介と解説をさせていただき、

後半で、みなさんと絵本のセッションを行います。

 

みなさんの雨の日の思い出なども聞きながら、

みなさんが持って来られた絵本について、意見交換の場を設けます。

雨の日においしい紅茶でものみながら、絵本を読む格別の時間。

そんなときに読みたい絵本をみなさんと考えていくのもいいかもしれません。


これからやってくる、雨の日が楽しみになるかもしれません。

告知が遅れてしまったため、まだお席に余裕があります。

お友達をお誘いあわせのうえ、ぜひお越し下さいませ。

開催は5月12日の13時半から、きんだあらんどにて。

みなさまのご応募をお待ちしております。

 

◆開催日時: 2019年5月12日(日曜日)13:30〜15:30
◆持ちもの: あめに関する絵本1冊(任意) 
◆場所:きんだあらんど3階 どんぐり広場
◆入場料金: おひとり様2,000円
◆完全予約制: 20名様まで ※最小開催人数10名以上。

【お申し込み方法】お電話、またはメールkinderland.event@gmail.comまで、
件名に【あめの絵本トーク 参加希望】とし、お名前・お電話番号をご記入の上、ご応募くださいませ。
*対象:おとな限定。

きんだあらんど船員(スタッフ)募集のおしらせ

  • 2019.04.27 Saturday
  • 15:41

 

この度、業務拡大にともない、新たに絵本屋きんだあらんどで一緒に働いてくれる船員を募集いたします。

ご応募・ご質問は、お電話(075-752-9275)または、メール(kinderland.event@gmail.com)にてご連絡ください。

・万が一、3日以内にメールの返信が無い場合は、迷惑メールに入っている可能性がございます。ご確認の上、届いていない場合は、お手数ですが、再度ご連絡お願い致します。

 

◆募集職種:土日・祝日勤務中心 書店スタッフ

◆雇用形態:パート・アルバイト

◆職務内容:

・ぶっくくらぶ(全国の会員様への配本)作業

・販売、棚整理

・事務作業、雑用

・イベント企画補助

 

絵本屋の仕事は、主に事務作業中心となりますが、業務内容は多岐にわたります。周りのスタッフもヘルプしながら、すこしずつ仕事を覚えていただきます。

いろんな絵本に関するイベントも開催するので、幅広く楽しく絵本に携わりたい方、ご自身の案を実現させてみたい方にはやりがいのある仕事です。

絵本に囲まれた木の空間で、絵本好きのみんなと一緒に働いてくれる方をお待ちしています。

無理なく、マイペースに仕事をすすめられる環境です。

 

◆給与:時給 885 円 〜 (研修期間有) 昇級あり

◆応募資格:

・性別年齢問わず。

・エクセル・ワードの基本作業必須。

・Adobeイラストレーター、フォトショップでのデザインが出来る方歓迎。

◆勤務時間:10:00〜17:00

◆勤務地:

絵本屋きんだあらんど

〒606-8354 京都府京都市左京区頭町351

◆求める人材:

土日・祝日を中心に平日あわせて週に2〜3日程働ける方。

絵本好きの方、絵本の知識を生かしたい方。枠にはまらないイベント企画など、スタッフみんなで協力しながら、世の中に良い絵本を広めていきたいという方。きんだあらんどの信念ある絵本観に共感頂ける方のご応募をおまちしています。

 

▼詳しくはこちら

http://kinderland-jp.com/recruit