きんだあらんどのホワイトデー企画『ばらいろのかさ』

  • 2020.02.15 Saturday
  • 15:38

JUGEMテーマ:絵本紹介

 

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・ 。・。・。・。・。・。

★ホワイトデー企画『ばらいろのかさ』★

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・ 。・。・。・。・。・。

 

きんだあらんどのお客さまは、多くが女性です。今回、ホワイトデー企画として、

そんな絵本好きな女性に贈る絵本のイベントを企画いたしました。

 

ばらいろの美しい絵本『ばらいろのかさ』のパネル展を同時開催!

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

 A. 絵本朗読会「ときめく時間」 1ドリンク・お菓子付き 

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

今回朗読をしてくださる語り手は、佐藤千津さん。

偶然、佐藤さんの読み語りを耳にした、きんだあらんどスタッフはじめ、

店長が、「ぜひ、読み語りをきんだあらんどで!」とお願いして、今回の企画が初めて、実現することとなりました。

 

その語りだけで、世界が想像できるような、「ときめく時間」を大切なひとと一緒に、

ひととき、きんだあらんどですごしませんか?

 

 

★ 王子さまってどんな人 / 想いを伝えるには / ハッピーエンド /

よろこばれる贈り物 / 自分が一番好きですか / まるで朝ドラのような / 春はそこまで ★

 

 

以上にカテゴライズされた「ときめく時間」をテーマに、愛の絵本から詩、

1冊20分以上の長編物語など、コーヒーとおかしを召し上がりながら、2時間たっぷりとお楽しみください。

 

2020年3月1日(日)14時〜16時

料金:1,300

対象:大人 ※お子さまは4歳以上

 

■お申し込み方法     

お電話、またはメールkinderland.event@gmail.comまで、

件名に【ときめく時間 参加希望】とし、

お名前、お電話番号をご記入の上、ご応募くださいませ。

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 B. 店長の絵本選書&ばらいろのワインの会 1ドリンク・おつまみつき 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

店長がおひとりずつヒアリングし、みなさまにぴったりの絵本を選んでいる間、

ワインショップ「仔鹿」チョイスによる、美味しいばらいろのワインをお楽しみください。

どんなワインが出るからはお楽しみに♪出入り自由。

 

2020年3月14日(土)14時〜16時

参加費:1,700

※カップルならお2人で2,700円

 

■お申し込み方法     

 

お電話、またはメールkinderland.event@gmail.comまで、

件名に【絵本選書とばらいろワイン 参加希望】とし、

お名前、お電話番号をご記入の上、ご応募くださいませ。

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
『ばらいろのかさ』パネル展
2019年2月22日(土)〜3月14日(土)
場所:きんだあぎゃらりい

入場無料 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

太田大八さんについて語る

  • 2020.01.10 Friday
  • 15:44

JUGEMテーマ:絵本紹介

 

こんにちは。絵本屋きんだあらんどです!

休み明け、ゆるりと営業いたしております。

 

ところで、みなさま、太田大八さんという絵本作家をご存知でしょうか?

 

「かさ」「やまなしもぎ」「世界でいちばんやかましい音」「のぼっちゃう」・・・

などなど、絵本のタイトルをならべれば、

みなさまご覧になったことがあるものが、あるのではないでしょうか。

きんだあらんどでも、ぶっくくらぶ(きんだあらんどの絵本定期便)で

お送りし続けている常連絵本たちです。

 

太田さんは、その作品にあわせて、画風を自由に変えられたそうです。

ご自身で小説や児童文学も書き、絵本学会の初代会長であったとのこと。

絵本に関わる絵描き(画家)の価値を高めるのに尽力をつくされた方でもありました。

 

この度、太田大八さんの「へっこきあねさがよめにきて」の原画展を、

きんだあらんど1Fのきんだあぎゃらりいにて開催することとなりました。

この機会に、店長より、太田大八さんについてのお話会を開催することとなりました。

 

当店店長の蓮岡は、太田大八さんと、生前交流させていただいており、

その当時の様子や、作品に対する姿勢や、太田さんご自身にことについてふれながら、

たくさんの名作が生まれて行った背景について、お話いたします。

 

1Fきんだあぎゃらりいにて、貴重な絵本原画を見ながらのお話会となり、

スペースの関係上、完全予約制となっております。

ぜひ、みなさまのお越しをおまちしております。

 

【日時】2020年1月19日(日)14時〜16時

【場所】きんだあぎゃらりい(きんだあらんど1F)

【料金】2,000円

 

■お申し込み方法     

お電話、またはメールkinderland.event@gmail.comまで、

件名に【太田大八さんについて語る 参加希望】とし、

お名前、お電話番号をご記入の上、ご応募くださいませ。

 

・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

 ◆ 太田大八さん 絵本原画展 ◆

『へっこきあねさがよめにきて』

開催日時:2019年1月19日〜2月16日

場所:きんだあぎゃらりい(絵本屋きんだあらんど1F)

展示は入場無料

・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

 

それでは、本日も17時まで通常営業いたしております。みなさまのお越しをお待ちしております♪

あけましておめでとうございます!ねずみの絵本『ないしょのおともだち』

  • 2020.01.06 Monday
  • 13:35

 

新年あけましておめでとうございます!

本日、初営業日となっております。

本年もどうぞよろしくおねがいいたします。

 

新春のきんだあらんどの特集棚は、ネズミ年にちなんで、ねずみの絵本特集となっております。

 

その中から一冊、ご紹介したいと思います。

 

『ないしょのおとのだち』

文:ビバリー・ドノフリオ

絵:バーバラ・マクリントック

訳:福本友美子

出版社:ほるぷ出版

https://kinderlandweb.shop-pro.jp/?pid=147640101

 

マリーはおおきなお家にすんでいます。そしてその家の隅に、ネズミのおんなのこがすんでいました。

ある日、マリーはおとしたスプーンをひろおうとして、床下にあるネズミの家にきづくのですが・・・。

 

マリーとネズミはないしょのおともだち。そして、それはマリーの娘、マリアにつながっていきます。

美しい絵と、小さい頃の素敵な思い出を感じさせてくれるような楽しいお話。ぜひご堪能ください。

 

そして、今年初の展示といたしまして、太田大八さんの絵本原画展をきんだあぎゃらりい(絵本屋きんだあらんど1F)にて開催いたします。

 

生前の太田大八さんと交流のあった、店長蓮岡が語る『太田大八さんの絵本についてのお話会』を1月19日に、

そして、絵本の勉強会を2月7日に開催いたします。(スタッフのうちわ勉強会を一般向けに開催します!第一回目は、この展示にちなんで、『太田大八さん』の絵本を一挙集めて、深く、広く、話し合います。)

ぜひ、みなさまのご参加をお待ちしております。(要予約)

 

それでは、本日も17時まで、通常営業いたしております。

改めて本年も、きんだあらんどをどうぞよろしくお願い致します!

 

絵本屋きんだあらんど

 

JUGEMテーマ:絵本紹介

やまんばの楽しい『絵本読み語り勉強会』と『絵本おはなし会』♪

  • 2019.12.01 Sunday
  • 11:02

市内小学校にて30年以上、読み語りをされている『このゆびとまれの会』主宰の、

やまんばさんをおまねきして、きんだあらんどで『読み語り勉強会』を開催いたします!

子どもたちにどうやって読んであげたらわからないという方から、

プロで読み語りをされている方々まで、愛あるやまんばの読み語り勉強会で一緒に学びませんか?

 

また同じ日に、子ども向けのお話会を開催して頂きます。手あそび、おうたあそびもあり。

子どもたちに寄り添った楽しい絵本のお話会です♪ 

みなさまのご参加をお待ちしております♪

 

 

,笋泙鵑个了劼匹盡け絵本おはなし会【無料】

【日時】2019年12月10日11時〜11時半

 

△笋泙鵑个瞭匹澹譴衒拔会【1,000円】

【日時】2019年12月10日13時半〜15時半

※大人向けの絵本読み語り講座です。

 

場所は、いずれも、きんだあぎゃらりい(絵本屋きんだあらんど1F)にて。受付は2Fきんだあらんどにお越し下さい。

 

《プロフィール》やまんば

『このゆびとまれの会』主宰。市内小学校にて30年以上お話会をしている。Labo教育センター ウエオカパーティー主宰(Laboテューター)

きんだあらんどの絵画教室12月よりスタート★クリスマス・冬の絵を描こう!

  • 2019.11.27 Wednesday
  • 15:39

JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

 

 

すこしずつ、冬の足音を感じる季節となりました。

この度、きんだあらんどでは、クリスマス・冬ごもりにむけて、素敵な絵画教室を開催することとなりました★

 

全国で受賞・寄贈多数の実績をお持ちの画家(版画家)、田中直子先生のご指導のもと、お好きなものをモチーフにクリスマス、または冬の絵を描いて、額に入れて(額はプレゼント)お持ち帰りいただく、というものです。初心者の方にもおすすめ!絵を完成するまでの、色使いや、構図をていねいに、ご指導していただきます。

画材はお好きな画材をお持ち下さい。(何もお持ちで無い方のために、少しご用意しております。水彩や色鉛筆が使いやすいかと思います。)

 


仕上がった絵はお家に飾るもよし、大切な、どなたかにプレゼントするもよし。絵本好きのお友達をよんだホームパーティーに飾れば、話に華がさきますね。

きんだあぎゃらりいの木の香りがする暖かい空間で、
楽しくお茶をしながら、絵を描きませんか?この絵画教室は、今後とも継続していく予定ですので、この日中に完成しない場合は、また継続して学んで頂くことができます。みなさまのお越しをお待ちしております。

【内容】
参加費:2,500円
日時:2019年11月27日 13時〜16時
場所:きんだあぎゃらりい(絵本屋きんだあらんど1F)
※お子さまのご参加は、4歳以上となります。

【持ち物】
”舛い討澆燭い發里離皀繊璽(写真や、クリスマスリースなど)
△好きな画材(簡単なものでしたら、多少ご用意があります。)

【こちらでご用意するもの/レッスン料に含まれています。】
・紙
・額

【お申し込み方法】
メールにて、件名を『クリスマスの絵画教室申し込み』とし、kinderland.event@gmail.comまでお名前・お電話番号をご記入の上、ご連絡ください。お電話でのご予約も承っております。

 

 

【講師プロフィール詳細】

田中直子
京都市立芸術大学美術学部卒業。

1988 第52回新制作展初入選 
1998 京展 読売新聞社賞
2004・2011 第68・75回新制作展 新作家賞
2005 真庭市誕生記念田中直子作品展(旧遷喬尋常小学校・主催/真庭市)
2007・2010 第8・9回小磯良平大賞展入選
2011 市展なら 市長賞(銅版画)
2013 京展 京都市美術館80周年記念展 芝田記念賞
新制作協会 会員推挙
2015 京展 京都市長賞(版画部門)
2016 BIWAKO大賞展 H氏賞
第1回TKO国際ミニプリント展2016
2017 樹木の生命を描く−田中直子作品展−(主催/京都府立植物園)
2018 個展 ギャラリーヒルゲート ジョイント企画 豊田勇造ライブ 樹を歌う
田中直子展with高瀬佳子コンサート 大樹を描く・奏でる(京都府立ゼミナールハウス「あうる京北」)
2019
いま、戦争の兆しに心いたむ美術家たちの作品展2019 京都:沖縄
Kabi Raj Lama・田中直子二人展
他 個展・グループ展多数  新制作協会会員

〈収蔵〉
岡山県真庭市—真庭市庁舎他10公共施設
沖縄県名護市—名護市消防本部 
公立大学法人名桜大学(名護市) 
国立療養所沖縄愛楽園(名護市)
奈良先端科学技術大学院大学(生駒市)
京都府立医科大学(京都市)
社会福祉法人たんぽぽ福祉会 恵那たんぽぽ作業所(岐阜県)
信貴福祉会「障害児・者総合生活支援センター」(八尾市)
旧長崎県北松浦郡吉井町(現在は佐世保市)(サンパーク吉井)
京西中学校(奈良市)
金光小学校(岡山県浅口市)
京都府立ゼミナールハウス「あうる京北」(京都市右京区)

絵本作家小林豊さん講演会終了!絵本原画展開催中!

  • 2019.11.07 Thursday
  • 14:45

 

こんにちは!きんだあらんど👑です!

 

先日の11月4日(月曜祝日)、無事、きんだあらんど初めての大型イベント、

絵本作家小林豊さんの講演会が無事終了いたしました!たくさんのみなさまにお越し頂き、誠にありがとうございました。

 

 

そして同日、きんだあらんどの1Fに『きんだあぎゃらりい』がOPEN!!

夕方からは小林さんとの懇親会があり、絵を見ながら、アフガニスタン現地の生活や絵本についての貴重なお話をきいたり、チエリヤさんのおいしい夕飯も大好評!

ここまで来るまでいろいろありましたが、お越し頂いた皆様にあんなに喜んでいただけて、きんだあらんど一同、感無量でした。

 

なにより、店長自身、きんだあらんど絵本屋設立のきっかけともなった、念願の「せかいいちうつくしいぼくの村」の展示で、小林豊さんをお招き出来、きんだあぎゃらりーが幕開けできたことを大変喜んでおりました。

 

 

 

いつも、きんだあらんどを大切に思って下さっているお客様のおかげです。またさらに、みなさまに楽しんで頂ける催しを企画しつつ、絵本好きのみなさんと盛り上げていく場となれるよう、スタッフ一同頑張ってまいります。

 

 

今後とも、きんだあぎゃらりい、絵本屋きんだあらんど、どんぐり広場をよろしくお願い申しあげます。

 

さて、小林豊さんの絵本原画展は、11月4日(月)〜11月24日(日)までの開催となっております。ご覧になられる場合は、2F絵本屋きんだあらんどのスタッフまで、お声がけください♪

 

細部まで描かれた、アフガニスタンのにおいまで感じられるような美しい絵の数々を、無料でご覧頂ける機会です。ぜひ、みなさまのお越しをお待ちしております。

 

きんだあらんど

スノーウィとウッディ

  • 2019.10.28 Monday
  • 12:56

JUGEMテーマ:絵本紹介

 

雲ひとつない、気持ちのいい秋晴れの京都です。
きんだあらんどにはお店入ってすぐに、季節の特集棚があるのですが、

ただいま、クマ好きのスタッフの一人によって、クマの絵本特集となっております。

その中から一冊、ご紹介いたします。


「スノーウィとウッディ」
ロジャー・デュボアサン 作
石津 ちひろ 訳

シロクマのスノーウィは、まっしろです。

ほっきょくのこおりの上にいれば、安心。まっしろでだれにもみえません。


あるひ、カモメのキティに、自然ゆたかなところに住むヒグマのウッディの話をきかされ、

スノーウィは、およいで会いにいくのでした。

美しい野原。でもまっしろなスノーウィはめだってしまいます。それをウッディがかくしてまもってあげます。逆に雪がふってきたとき、ウッディをスノーウィがかくしてあげるのでした。

作者のロジャー・デュボアサンは1900年スイスのジュネーブ生まれ。いまから100年以上前に作られた絵本とは思えない程、洗練された美しいデザインです。その他、「かばのベロニカ」や「がちょうのペチューニア」など、100冊以上もの絵本をつくりました。この時代の絵本の安定のクオリティの高さをぜひご堪能ください。

本日もきんだあらんどは17時まで通常オープンいたしております。みなさまのお越しをお待ちしております。

きんだあらんど

「まゆとおに」「きつね森の山男」

  • 2019.10.11 Friday
  • 14:15

JUGEMテーマ:絵本紹介

 

 

こんにちは、きんだあらんどです。

 

ただいまお昼の時間帯ですが、みなさまもうお昼ごはんは召し上がりましたか?

 

本日は、こんなおなかのすく時間に、おいしい絵本を2冊、ご紹介してしまおうと思います。

 

 

一冊めは、こちら。

 

「きつね森の山男」

馬場のぼる/作

こぐま社

 

山男は、よいねぐらの場所をみつけました。

ところがそこには、キツネがたくさん!キツネ軍にはいれといわれます。よくきくと、お殿様が、さむがりで、キツネの毛皮をねらって、きつね森にせめてくるというのです。

 

 

山男は、いわれるがままに、キツネ森のようさいづくりをてつだったり、兵隊にばけるくんれんに参加したり。でも、山男はいたってマイペース。だいこんづくりの名人なのです。

 

 

あるひ、ついにお殿様がせめてきます。しかし、だいこん畑をあらす者はゆるされない。力持ちの山男のまえに、おいはらわれてしまいます。

 

寝込んでしまった、さむがりのお殿様に、山男は、体があたたかくなる、ふろふきだいこんのつくり方を教えます。

 

お城のみんなは、みそのたれをつけて、ふろふきだいこんをたべて...。 たのしく、おいしい、こころもほかほかになる一冊、どうぞお召し上がり下さい。

 

そして、もう一冊のおすすめはこちら。

 

『まゆとおに』

富安 陽子/文

降矢 なな/絵

 

きたの おやまの てっぺんの さんぼんすぎの下にすむ、

のっぽのやまんばと、そのむすめの、まゆ。

 

あるひ、おなかをすかせた、おにが、まゆをたべようとたくらみます。「さむいから、ひをたこう」というおに。

それをてつだうために、まゆはげんきよく、木をねこそぎひっこぬいてしまいます。

「なんちゅう ちからもちの むすめっこだ」と、おにはおどきます。

 

 

悪巧みするおにと、元気いっぱい怪力まゆとの、楽しいやりとりがテンポよくくりだされます。

そして、最後は、まゆのおかあさんのやまんばが、ごまや、きのこや、さんさいをまぜこんだ、とくせいおにぎりをつくってくれます。

 

見るからに美味しそうな、おにぎりですね。スタッフは、記事を書きながら、すっかり、おなかがすいてしまいました。

 

この「まゆとおに」の絵本にでてくる、美味しそうな山菜おにぎりと、だいこん汁をみなさまにお出しするイベントを考えました。

 

毎月開催中の、夜の絵本屋にて。

毎回、このイベントでは、チエリヤさんのおいしいおそうざい弁当とともに、大人向けで絵本の読み聞かせ会を開いており、大変好評です。

今回は、「食欲の秋」にちなんで、おいしい絵本をたくさんご紹介いたします。絵本から出てくる食べものをたべながら、ゆっくり語り明かしましょう。

お申し込みは、10月17日が締め切りとなります!

 

みなさまのご応募をおまちしております。

 

【参加費:軽食+1ドリンクつき】
A:絵本おにぎりとお汁セット+1ドリンク 2,000円
B:おばんざいと絵本おにぎりとお汁セット+1ドリンク 
2,300円
(酵素米+おばんざい8種+メイン)

【日時】2019年10月20日(日)18時半〜20時半
※受付は18時から。
【場所】絵本屋きんだあらんど
お問い合わせ:0757529275

☆★ 申し込み方法 ★☆
件名を『夜の絵本屋・おいしい絵本 参加申し込み』
とし、メール(kinderland.event@gmail.com)に
お名前とお電話番号、軽食(AまたはB)をご記入の上、
お申し込みください。
お電話(075-752-9275)でもOK!

 

「木育フェスタ」に参加いたしました

  • 2019.10.07 Monday
  • 15:47

こんにちは。
きんだあらんどです👑

 

昨日10月6日(日)、京都御苑で開催されました「木育フェスタ」に、きんだあらんども参加させていただきました。
ご来場くださいましたみなさま、ありがとうございました。

 

 

会場では、店長蓮岡の設計による、絵本にぴったりの本棚を並べて、絵本をゆっくりご覧になっていただけるスペースを設けました。

そして、絵本の読み語りをさせていただいたのですが…

 

 

今回このフェスタにいらっしゃった、お父さまお母さまたちは、とても丁寧に、お子さまたちに絵本を読んでおられました。
そのような姿を見て、お子さまたちにとって、家の外の人からではなく、お父さまお母さまに絵本を読んでもらうことこそ大切なのだと、改めて感じました。
それは、心をかよわせる体験です。
体をくっつけて、心をくっつけて…

 

 

スタッフとして読み語りをするよりも、お子さまが手に持って離さない絵本を、そのまま持って帰っておうちで読んでもらいたい、と思う一日でした。

 

きんだあらんどは、本日も10時から17時まで。
みなさまのお越しを、心よりお待ち申し上げております。

 

きんだあらんど

HP:http://kinderland-jp.com/
WEBSHOP:https://kinderlandweb.shop-pro.jp/

店長蓮岡による、解説と絵本について

  • 2019.10.04 Friday
  • 15:46

こんにちは。
きんだあらんどです。

 

きんだあらんどでは、様々なメディアからの取材依頼をいただくことがあります。
店長蓮岡は、そのひとつひとつに丁寧にお答えしておりますが、残念ながら、その全てが掲載されないことがほとんどです。
きんだあらんど、そして店長蓮岡が持つ主張(哲学)は、今の世の中では少数派なのかもしれません。
しかし、だからこそ、伝えなくてはならないことがあると、わたくしたちは考えております。
本日は、そのような取材の中から、掲載されなかったものの、ぜひみなさまへお伝えしたい、店長蓮岡による絵本の解説と、絵本や店についての文章をご紹介いたします。

 

 

----------

 

Q0歳児に読んでもほしい作品名と、おすすめ理由をお答えください。複数回答可。


『じゃあじゃあびりびり』(偕成社 648円)
乳児がもっとも親しみのあるものの一つに自然音があります。自然音を模したオノマトペをリズムよく読む事で、親しいものが身近にある安心感と興味で笑顔になります。

 

『がたんごとんがたんごとん』(福音館書店 864円)
オノマトペと同一画面で少しずつ転換する構造がバランスよく、分かりやすい色彩で描かれた絵本。何度読んでも飽きがこない読むたびに違う響きが楽しめる絵本。

 

『よくきたね』(福音館書店 864円)
繰り返しは乳児が最も理解しやすい構造。そして動物も自然に近い乳児自身が身近に感じられる形をしています。お母さんの心が乗せやすいフレーズが続く落ち着いた気持ちになれる絵本。

 

Q1歳児に読んでもほしい作品名と、おすすめ理由をお答えください。複数回答可。

 

『おつきさまこんばんは』(福音館書店 864円)
空に見えるお月様に「こんばんは」と言いましょう、と伝える絵本。お月様とも友達である世界に幼児は生きていることの素晴らしさを親子で実感できます。お月様とのやり取りは、ちょうど広がり始めた世界で応用できるフレーズでできています。シンプルな深い色合いの絵と何度でも読める日本語の美しさが際立つ作品です。

 

『ぼうしをとってちょうだいな』(偕成社 864円)
イヤイヤ期が始まりだした頃におススメの絵本。「いや」というフレーズを大人の口から聞けることで、素直な心を発散できます。そして、自分のことをきちんと理解してくれているお母さんへの信頼感を培うことができます。

 

Q2歳児に読んでほしい作品名と、おすすめ理由をお答えください。複数回答可。

 

『ちびゴリラのちびちび』(ほるぷ出版 1350円)
お母さんと離れたくないこの時期に、幼児が最も聞きたい言葉とは「あなたが大好き」誰からも愛されるゴリラと同化することで、自己肯定感がどんどん育っていきます。その肯定感を通じて、自分と同じように誰かを愛する感覚を育てることができます。愛されることの楽しさと嬉しさが実感できる絵本。

 

Q3歳児に読んでほしい作品名と、おすすめ理由をお答えください。複数回答可。

 

『ぼくはあるいたまっすぐまっすぐ』(福音館書店 1404円)
広がり始めた世界。自分の意思で遠くまで行ける力。その条件を持っている3歳の頃にぴったりの「自分一人で遠くまで行ける」という願いを描いた物語。まっすぐ行けば必ず目的地に辿り着ける、そんな満足感が実生活の中での自信につながります。

 

Q4歳以上の子に読んでほしい作品名と、おすすめ理由をお答えください。複数回答可。

 

『こすずめのぼうけん』(福音館書店 972円)
3歳頃の何でもできるという気持ちから、少しずつ不安感や劣等感が芽生えてくる4歳児頃の心に響く絵本。広がっていく世界には親だけなく他者もいて、不安にもなるけど、自分にはちゃんと見守ってくれている人がいる。そんなメッセージが伝わります。漠然とした社会に対する不安を和らげてくれる絵本です。

 

Q男の子に読んでほしい作品名と、おすすめ理由をお答えください。複数回答可。

 

『ラチとらいおん』(福音館書店 1188円)
男だけなく女の子にも渡したい絵本。弱虫な自分を卑下することなく、それも個性と自分で認める事ができたら、自然に自分を強くしてくれる想像力が湧いてくる。様々な場面で立ち向かうことが要求される男の子に、強く優しい人になってほしい願いを込めて。

 

Q女の子に読んでほしい作品名と、おすすめ理由をお答えください。複数回答可。

 

『くまのコールテンくん』(偕成社 1296円)
大好きなクマの人形を心配して見守りたいと思う気持ちは、女の子が誰しも持つ母性を素直に思いださせてくれます。クマの人形を直してあげる姿を通して、女性に生まれたことへの喜びが伝わってきます。


Qママにも読んでほしい作品をお教えください。また、泣ける理由やおすすめ理由をお答えください。複数回答可。

 

『マリールイズいえでする』(童話館出版 1512円)
いたずらして叱られた腹いせに家出するマングースの女の子。新しいお母さんを探して友達の所や子どものない動物の所に行きますが、どこも断られます。最後に占い師のカエルの所に行って新しいお母さんがどこにいるか聞きますが…「いたずらして困らせるあなたが大好き」と素直な言葉が心に浮かんでくる物語です。

 

 

 

Q 絵本のセレクトのこだわりや特色など、他のお店とは違うポイントをお教えください。


最近話題の絵本はほとんどがドラマのように意識の外で楽しまれる作品か、色合いが奇抜な物か、ダジャレや、品のない表現、または大人が納得しやすいもののように感じる。そのような絵本は消費的ですぐに新しいものに取って代わられ、その続きのものがまた流行になる。一時話題に上る絵本のほとんどはそのようなもので、決して長く本棚に置かれることはない。私たちが大切にしているのは100年生きる構造と意味を持った絵本で、絵本を手渡す重大な責任を負っている専門店だからこそ、先ずは間違いのない物を渡すことが当然の姿勢だと思っている。体に良い栄養がたっぷり含まれた食物があるように、心の深い部分に響く物語や美しさがある。そんな絵本だけを扱うように心掛けている。


Q 絵本を読み聞かせする際に、読み手に意識してほしいこと、気をつけてほしいことなどがあればお答えください。


決してマニアにならないこと。自分のパフォーマンスを優先しないこと。聞き手の想像力にあそびをもたせること。聞き手の想像力にあった絵本を選ぶこと。情熱はもっていてもおしつけないこと。
心が素直に喜ぶ絵本を読んだ後には、相手の感想は聞かず、自分の感想を述べること。絵本を丁寧に扱うこと。

 

 

----------

 

 残念なことに、この回答の大部分は今回取材を受けた雑誌には載ることはありませんでした。そして送られてきた雑誌に、きんだあらんどが決して選ばないような絵本が、全国の書店員の推薦として挙がっていたのを見て大いに落胆いたしました。また予想した通り、店の事などの主張はまったく書かれていませんでした。
「絵本屋大賞」と冠するものがどのような力を持ちうるか。この雑誌を見て絵本を選んで買おうとする方は多いと思います。 100年読まれる絵本を売るのが私たちのこだわりです。でも良い絵本とは子どもだったお母さんが自分の子へと数十年受け継がれ、それは経済面で考えると買い替えが遅い利益を上げにくい悪い本になります。片や、消費的に量産される話題の絵本は、2,3年で読まれなくなり、捨てられますが、この方が出版社にとっては回転が速く良い本になります。使い捨ての商品のように常に利益をあげることができる本が、今、話題の本になっていて、それを支えるメディアもそのような流れに染まっている気がします。
配本を通して、皆様には少しずつきんだあらんどの絵本選びのエッセンスが伝わっていると信じています。いつか、きんだあらんどの配本が誇れるように、これからもこだわりを持って発信をしていきたいと思います。
(蓮岡)

 

----------


きんだあらんどは、本日も17時まで。
また、明後日10月6日(日)に京都御苑で開催されます「木育フェスタ」にも、絵本の読み語りにて参加予定でございます。
みなさまのお越しを、心よりお待ち申し上げております。

 

きんだあらんど

 

HP:http://kinderland-jp.com/
WEBSHOP:https://kinderlandweb.shop-pro.jp/